logo
Home

Joker 感想

See full list on blog. JOKER 感想 (06/17) ARCHIVES. では、ここからはネタバレありで語りましょう! 今作を読み解く上で注目したい作品はこちらです カエル「言わずとしれた映画史上に残る名作、チャップリンの『モダン・タイムス』ですね。 今作でもテーマ曲である『Smile』が予告編のほか、印象に残るシーンで使われています」 主「今作でチャップリンをフューチャーしたというのは、非常に適切だったと思うんだよ。 『モダンタイムス』もそうだし、代表作の1つである『街の灯』と『ジョーカー』というのは共通するテーマが多い。 そのチャップリンが描いたことを悪意を持って解釈したら、この映画になるのではないだろうか?」 カエル「チャップリンというと山高帽にチョビへげ、ダボダボのズボンなどが印象に残りますが、それは当時の浮浪者をモチーフにしています。 現代でいえばホームレスに扮して笑いをとると考えると、なかなか差別的な笑いなのかもしれないね. 『ジョーカー』の物語はいたってシンプルである。「ネタバレすることなど特にない」がある意味ネタバレと言えるかもしれない。 ホアキン・フェニックス扮するアーサーは、ゴッサムシティの貧民街で母親の世話をしながらコメディアンを目指している。しかし彼は突然意味もなく笑い出す癖があり、他者とコミュニケーションが満足に取れない。周囲からも「気色悪い」と距離を取られ、ときには暴行をも受けてきた。 そういったゴッサムの不条理や、自身の過去と接するうちに、アーサーが抱いていた「他人を笑わせたい」という夢が少しずつ歪んでいく。それは、アーサーが突発的に犯してしまったある罪を契機に一転し、アーサーは「ジョーカー」へと成長していく。 こういった内容は、既に公開された2分24秒のトレーラーの中からもまるきり把握できることだ。哀れなピエロが、闇社会を支配するジョーカーへ化ける。何もかも欠けた男が、全て満ちたピエロとなる。そこにはSNS等で話題になる「衝撃のラスト5分間」や「誰も想像しない展開」といったものがなく、非常に淡々としている。 joker 感想 www. 大方はこんな感じのあらすじでした。 重要な要素はこれに加えて母親の看病をしながら二人で暮らしているということ、アーサーは過去に病院にいたということ、マーレイ・フランクリンのバラエティ番組が大好きだということあたりですかね。 あと辛い時とかに笑う発作が出てしまうってのもキーワードですね。. 昨日、jokerを見た。 映画が終わって真っ先に思ったことは、 「この映画は人を殺す」 でした。 僕は友人と2人で鑑賞したのですが、周りにはカップル、大学一年生ぐらいの男子4人組など、比較的若い層が多く、 映画終了後周りからチラホラと、 「途中寝ちゃった」とか、 「jokerかっこよかっ. JuneMayFebruaryFebruaryJanuaryNovemberOctoberSeptember (2. この先はネタバレありの感想考察です。続編前作や関連映画は、dc映画シリーズとdceu一覧も参考にしてください。 私の評価 ★★★★★ joker 感想 74 /100(60が平均) レビューサイト評価↑.

com しかしだからこそ、『ジョーカー』は恐ろしい。何も驚くようなことがない、等身大のアーサーという人間を見つめ続けることで、次第に我々は後にジョーカーとなる人間に対して感情移入してくからだ。 2時間あまりの上映時間のうちおよそ1時間45分はアーサーの物語である。本作は淡々とアーサーの日常を描く。都会の古いアパートで少しボケかけた母親を世話しながら、地下鉄やバスといった貧困層が集まる交通手段を使いながら、売れないコメディアンとしてギリギリの生活を送る。 そうした生活の中で、ジョーカーは徹底的に疎外され続ける。突然笑い出す癖から周囲に「気味悪い」と距離を取られ、痩せこけた肉体からストリートキッズに暴行を受ける。そして何より、コメディアンを目指すアーサーのジョークを誰も笑わない。実際には彼は誰かを「笑わせる」ことがなく、むしろ彼が「笑われる」ばかり。 そういった徹底して社会の爪弾きものであり続けるアーサーの姿は、痛々しいと同時に極めてリアルでもある。他者との接点を作るために、自分が面白いとも思っても居ないことで甲高く笑い続ける姿は、ピエロを演じるコミュ障そのものだ。 もちろん、ここでホアキン・フェニックスの怪演が常に光っていた。アーサーは. 』などを手掛けるトッド・フィリップスが監督以外にもスコット・シルバーとの共同で脚本を担当するほか、制作にも名を連ねている。 ジョーカーを演じるのはホアキン・フェニックスが世界中が絶賛した”最高のヴィラン”を演じきるほか、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、ビル・キャンプ、フランセス・コンロイなどが最狂の悪に翻弄される人々を演じる。 ピエロに扮して街中で踊り、依頼のあった店の宣伝をするなどの大道芸で老いた母親と2人生活の生計を立ていてるアーサーは、日々苦しい生活を余儀なくされていた。しかし突然笑い出してしまう彼のことを同じ大道芸仲間も疎ましく思っていた。そんな中、不幸な偶然が積み重なれり追い詰められていくアーサーは、やがて狂気のヴィランとして目覚めていく. :15. 大都会ゴッサム・シティは腐臭が漂っていました。市の衛生局がストライキをおこなってゴミ収集を停止しているためです。街中ゴミがうず高く積み上げられ、強い生命力を持つネズミ、スーパーラットが現れて市民を悩ませていました。そしてそれは政治の機能不全の象徴でもありました。貧富の差は拡大、困窮した人々は暴力的になり何もかもが疲弊していました。 そんなゴッサム・シティに住むアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は貧しい道化師。所属するピエロ派遣サービス、ハハプロダクションから依頼されるわずかな仕事で細々と母親ペニー(フランセス・コンロイ)と2人で暮らしていました。 アーサーは脳と神経の損傷から、緊張すると笑いの発作に襲われる病気を患っていました。母親は心臓と精神を病み、30年も前に仕えていた大富豪トーマス・ウェイン(ブレット・カレン)へ送った、助けを求める手紙の返事を待つ毎日。大変な生活ではありましたが、そんな中でもコメディアンになる夢がアーサーの心の支えとなっていました。. いかがだったでしょうか。良いか悪いか好きか嫌いかは別として「衝撃作」なのは間違いないですね。 私はすごい好きでしたよ。ヒース・レジャーより全然好きです。そもそもヒース・レジャーのジョーカーそれほど好きじゃなくて、ジャック・ニコルソン派だったので。ヒース・レジャー版すごい怖いのは間違いないけど。 なんやかんや言いつつ歴代ジョーカーってバットマンと比べるとバリエーション豊富で良いですよね。似通ってないから比較するのが難しいし、好き嫌いが完全に住み分けできてる感じ。 これも一つのジョーカーだと思うと、さらに楽しんでみることが出来るかもしれませんね。 アメコミ映画・ドラマ見るなら!最強のおすすめ配信サービスはこれだ. では、まずはTwitterの短評からスタートです! これは世界中で絶賛されたのも納得するけれど.

. たまには情報のアウトプットをしないと日本語力が低下する、というわけでゆずソフトのRIDDLE JOKERというエロゲの感想を書いていこうと思います。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。 はじめに 重大なネタバレは書いてないつもりですが、多少のネタバレがあるので注意して. この映画を観る前、ネットでは「観るとしんどくなる」「辛い」「哀しい」「メンタルが不安定な人は観ない方が良い. dcコミックス 屈指のヴィラン、“狂気の犯罪王子”が誕生するまでの物語を独自の解釈で描いた映画『 ジョーカー 』は、コミック映画に名を残す問題作であり、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)に輝くなどの高評価を獲得した一本だ。. (C) Warner Bros. 100 ・ジャンヌオルタオルタ ・これから毎日家を焼こうぜ? ・r-15というより40 ・意外と中身ストレートだけどそれ. 『ジョーカー』心優しき男がなぜ悪のカリスマへ変貌したのか!

世界の批評家たちが絶賛し、 ベルリン国際映画祭 にて最高賞にあたる金獅子賞を受賞しながらも、その内容から賛否両論を巻き起こしている問題作『ジョーカー(Joker)』. riddle joker 感想. 過去に『ジョーカー』というキャラクターが出演した作品は数多くあったが、その中でも最も有名且つ高く評価されたのは本作ではないだろうか。本作は、クリストファー・ノーラン監督がメガホンを取ったバットマン三部作の第2部にあたる作品。ストーリーは勿論のこと、特にジョーカーを演じたヒース・レジャーの演技が高く評価されており、あらゆる賞、さらにはアカデミー賞助演男優賞獲得という功績を残している。犯罪がはびこる町、ゴッサム・シティ。そんな街で、夜な夜なバットマンが犯罪者を捉えていた。バットマンの存在により、徐々に減少していく犯罪率。しかし、そんな中、史上最もバットマンを苦しめることとなる敵が現れる。その敵の名前は、『ジョーカー』。 詳細 ダークナイト.

· jokerめちゃくちゃ観たいけど感想見た感じ精神しっかり保ったまま帰ってくる自信ない絶対夢に出てくる。 映画館で観るのは私には早いかも。 15:45 年10月8日. . ここからは映画『ジョーカー』のネタバレがあるので未視聴の方はご遠慮くださいな。 まあとにかく私はすごい好きでした。最近のお祭りドンパチ映画に飽きつつあるので、往年の作品をイメージさせるような作りの本作『ジョーカー』は私にはストライク。 「面白い」「楽しい」どっちでもないけど好きです。.

『ジョーカー』感想と考察。アメコミ映画史を塗り替え続ける名ヴィランの魅力 ジョーカー. jp 年、映画館での21作目。 平日の朝からの回で、観客は50人くらいでした。 (今回はネタバレ感想なので、未見の方は、ぜひ. 09 【ゴーンガール・映画感想レビュー・ネタバレ有り】デヴィッド・フィンチャー作品史上最恐の妻. 何度も言うように『ジョーカー』は特段革新的な演出も、あっと驚く展開も用意されているわけではない。 ただ丁寧にアーサーが社会から阻害されていく暗黒を描き続け、それが最後にジョーカーとして化けて民衆の怒りを代弁する煽動者へ化けるカタルシスを味わうだけだ。ある意味で、非常に娯楽的な映画と言える。そこには未知の心境も、驚天の開悟もない。 そう、誰でも何となくは『ジョーカー』を楽しめてしまう。アメコミ映画としてブレない娯楽がある。 政治的文脈や歴史的背景に詳しくなくとも、とことんブラッシュアップされた映像と共に「自分を虐げてきた社会を破滅へと追いやる」という欲望を見事に叶えてくれる本作は、多くの人にとって「70点以上」の作品になる。 私が思うに、映画『ジョーカー』はそれ自体が既に「ジョーカー的」なことが、何より恐ろしいと思う。 ジョーカーは、他のヴィランのような超能力を持っているわけではない。だがその代わり、誰もが持ちうる、口に出さない邪悪な心理に忍び寄り、その抑圧された欲望を爆発させる悪のカリスマだ。 故に、市民の悪意が残るうちは彼は絶対に死なない。誰もが潜在的に持つ悪意そのものであり、言語とパフォーマンスを通じて大衆を動かす「ミーム」。 映画『ジョーカー』は、まさにそんなヴィラン・ジョーカーそのものといってもいいエンターテインメントだ。 ごく単一の思想信条を元に、自身が何となく抱く不満や不遇を、文句なく「社会に反抗する権利を持つ」大いなる建前を手に入れたジョーカーという指導者と共有する。こんな映画が、つまらないわけがないのである。 この作品に登場するジョーカーの信者たちは一様に白いマスクをかぶり、それは白人至上主義を惹起させる。 映画業界でも政治的多様性が重視される現代アメリカにおいて、最も弱者となりうるのは白人男性であり、そういった人間が声をあげて戦う様はまさに本作の醍醐味である。男女、人種を問わずヒーローが集まって人類の敵と戦う、マーベルの『アベンジャーズ』とは非常に対照的だ。 だがもちろん、ジョーカーが代弁する苦しみは白人男性だけのものではない。はるか遠く離れた島国の、日本人の我々にさえ響く言葉がずっと続く。その言葉やパフォーマンスに、彼がどれほど苦しんだかというストーリーで裏付けすることで、本当に驚くほどジョーカーという人間が正しく思えてくる。 実際の所、本.

世界的人気コミック、バットマンシリーズを代表する悪役であるジョーカーがなぜ誕生したのかに迫る作品。ヴェネチア国際映画祭にて最高賞の金獅子賞を獲得するなど、公開前から世界的に高い評価を受けている。 『ハングオーバー! 」や「How about a magic trick?」など、観客を痺れさせるような名言を連発。その中でも特に「why so serious?」は、映画のキャッチコピーとしても使用されている程の人気。元来のジョーカーファンは、そんなジョーカーのカリスマ的名言を本作でも期待している筈。演者も監督も前作とは違う今作では、また違う今作では、また異なった系統のジョーカーが楽しめる筈。そんなジョーカーから果たしてどのような名言が飛び出すのか、期待が集まるところ。. 映画『ジョーカー』を観た人の感想を 紹介しますね。 世界的有名な映画評論サイト 『 ロッテントマト 』によると、 先行試写の評価は 『74点』 出典:ロッテントマトより. 自分なんかは途中からもうバットマンとか関係なく見ていた部分もある。 単純に凶悪な存在がどうして生まれたのか? そこをエンターテイメントで撮り切った単独の娯楽作のつもりで見ていたかな。 多分、それでも楽しめるし予備知識も過度に必要としない。 だからこそヴェネチア国際映画祭での栄誉に輝いたのではないだろうか?」 今作は明確な”悪”が誕生する物語となっています ここはアメコミ映画で描かれたことを高く評価するべきなんだろうね カエル「うちはアメコミ映画の何.

【サンダーボルトファンタジー生死一劍・感想レビュー】殺無生と凜雪鴉の因縁と第二期への布石の物語. ハリウッドでも1、2位を争う色気の持ち主、アンジェリーナ・ジョリー。そんな彼女が年に主演を務めたのが本作。本作のタイトルにもなっているマレフィセントとは、『眠れる森の美女』に出てくる悪役の名前。本作は最新作同様、物語の悪役を主人公に描いた物語なのである。昔、妖精の国と人間の国が対立していた時代。妖精の国に生まれたマレフィセントは、国に迷い込んできたステファンという少年と恋に落ちる。2人の愛は揺らぐことなく、彼らは大人になっていく。しかし、自らの出世という欲望に飲まれたステファンは、マレフィセントを裏切り彼女の翼を切り落としてしまう。最愛の人に裏切られたマレフィセントは、人間達への復讐を誓うのだった。 詳細 マレフィセント. See full list on eiga-watch. 紅(コウ) /10/29 02:31 えーと、お久しぶりの更新となります。. See full list on dyoblog. リアルな街並みを舞台にした物語だからこそ、今作は多くの人に実感を持って受けいられたのではないだろうか?」 カエル「近年のアメコミ映画が描ききれていなかったものを描いた、という評価も納得だよね。 もしかしたらアメコミ映画の概念が変わってしまうかも. ペットショップ ジョーカーは東京六本木、二子玉川、日本橋、南町田、立川、お台場、横浜、大宮、川口、千葉、柏の葉に展開し健康な子犬、子猫のご紹介からトリミングサロン、しつけ教室、様々なイベントを通じてペットのいる生活を豊かにします. See full list on mihocinema.

本作『ジョーカー』がジョーカー的である以上、私は本作を安易に絶賛するべきでないと述べた。 本作には誰もが共感できる人の苦しみと、それを打開する暴力のカタルシスがあり、それらが「ジョーカー」という象徴によって誰にも親しみやすい形で、驚くほど完成度の高いエンターテインメントとして仕上がっているからだ。 だが、同時に私は一人でも多くの人に本作を観てほしいとも思う。なぜなら、結局のところ本作はこの世界の歪を、どんなに「政治的に正しい映画」よりも直截に指摘しているように感じたからだ。 私がここ数年、ずっと自分の脳裏から離れない傑作映画を一つ紹介しよう。ティムール・ヴェルメシュ原作の小説『帰ってきたヒトラー』、その映画版である。 この作品はドイツでも問題作となったので覚えている方も多いと思う。タイトルどおり、ヒトラーが何かの偶然で現代に蘇り、「ヒトラーの格好をした変人」のコメディアンとしてネットやテレビで話題となるものの、少しずつ現代ドイツ人の心理にヒトラーの言葉が再び侵食していくという物語だ。 これだけなら単なるコメディとして笑えるのかもしれない。だが本作を読んでいくうちに、ヒトラーの発言、そして振る舞いがあまりにも的を得ていることに気づくだろう。現代ドイツ人が抱く、少子高齢化への不安、移民に対する怒り、富裕層との格差、そういったものを尽く指摘し、的確な言葉で糾弾するヒトラーの発言には、いかに理性や武力をもっても抗うことが難しい、そんなとてつもないミームとしての力。 そもそも富も血筋も持たないヒトラーが独裁者となるには、民主主義の手続きが必要不可欠だった。つまるところ、ヒトラーを求めたのは他でもない、ドイツ人だったのである。 ドイツ人が心から抱いている欲望をヒトラーが代弁し、そこに熱狂した大衆がヒトラーを支持した。侵略、差別、隔離、すべて一部の国民が心の底で抱いていた、どす黒い欲望そのものであり、ヒトラーはそれを汲み取っただけに過ぎない。 つい、うっかり、ヒトラーを「かっこいい」と思わせてしまうように、この小説はつくられているのである。 joker 感想 この小説は極めて危険だ。最終的にヒトラーを肯定するようにしか読めなく描かれている。だが作者はこのリスクを承知で、あえてこうヒトラーを描いた。ただ一面的にヒトラーを批判し叩きのめすだけでは、もう読み手の心は動かないと知っていたからだ。 w. ノーラン監督の『ダークナイト』で、アメコミ映画の概念が変わり、早10年。 アメコミ映画は、大人が鑑賞するのに充分なポテンシャルを秘めている。. 映画『ジョーカー』の感想&考察です。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。 原題:Joker 製作国:アメリカ(年) 日本公開日:年10月4日 監督:トッド・フィリップス.

」 joker 感想 主「『モダンタイムス』は労働問題を描いた映画であって、機械によって仕事を奪われていく労働者の悲哀を笑いを交えて描いています。どんなに本人は至って真面目に頑張っても、最後はミスを起こしてしまいそれが原因でクビになる。その姿に観客は笑うという、冷静に考えるとなんと残酷な笑いでしょうか」 カエル「お笑いだから軽く見ているけれど、描いているテーマは非常に重たいものであり社会的なメッセージ性が強い作品が多いよね」 主「『モダンタイムス』にはポーレット・ゴダートが演じるヒロインの少女がいるのだけれど、彼女が明るくチャップリンを支えてくれる。 今作でも使われたデパートでの有名なローラースケートシーンは、2人がデパートにある高級家具に囲まれて生活している様を空想して、おままごとのように遊んでいるシーンである。とても明るくて映像的にも面白いけれど、冷静に考えると貧乏の中での妄想という少し哀れさを感じるシーンでもあるんだ。. ジョーカーの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話を. JOKER is a bold, bodacious love letter to Scorsese’s TheKingOfComedy, told through the lens of DC’s most iconic villain. Dark, joker 感想 disturbing, brutal & sad, it’s about an abused man who doesn’t start living until he’s dead inside. 紅(コウ) JOKER 感想 6. 年10月4日 7分.

奇抜な外見、独自の悪のポリシーなど、ジョーカーには数えられないほどの魅力がある。その一つとして作中に何個も登場する名言の数々がある。年に公開されたクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』でも、「Hit me! 1 day ago · 燃ゆる女の肖像。is ill jokerさんの映画レビュー(感想・評価)。評価3. 年に公開された、本作の主演を務めるホアキン・フェニックスの出世作。アカデミー賞で作品賞や主演男優賞を獲得した名作であり、当時26歳であったホアキンも本作で助演男優賞にノミネートされている。アントニヌス朝のローマ帝国が舞台の本作。皇帝であるマルクスから、信頼を勝ち取る人物がいた。その男の名前はマキシマス。皇帝自らマルクスに次期皇帝になって欲しいと願い出るが、それを妬んだ皇帝の息子、コモドゥスによって皇帝が暗殺されてしまう。さらに、マキシマスは処刑を命じられ、さらには妻子を殺されてしまう。命辛々逃げ延びたマキシマスは、奴隷に身を落としながらもコモドゥスへの復讐を誓うのだった。 詳細 グラディエーター. まるで生まれ変わったようなアーサーは、同じアパートに住む美しいシングルマザー、ソフィー(ザジー・ビーツ)の唇を強引に奪って口説き、自分の出演するスタンドアップコメディショーに招待します。しかし、いざ自分の出番になると発作が治まらないアーサーのジョークに、客は無反応。ショーは失敗に終わります。 ところがこの見事なまでのスベリっぷりが人気トークショー番組の司会者マレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)の目に止まり、アーサーは出演依頼を受けることになりました。 一方、アーサーの母ペニーは相変わらずトーマス・ウェインへの手紙を書き続けています。ある日のこと、アーサーはこの手紙の内容を目にしてしまいました。そこに書かれていたのは、アーサーがトーマス・ウェインの息子だという衝撃の内容でした。 アーサーは、トーマスに会って真実を確かめるためにウェイン邸へ行き、門越しの幼いブルース・ウェイン(ダンテ・ペレイラ=オルソン)を相手に手品を見せて気を引きます。しかしそこへ執事のアルフレッド(ダグラス・ホッジ)が現れ、「おまえの母親はイカれてる」と追い返されてしまいます。 後日、アーサーはトーマス・ウェインが鑑賞するサイレント映画の会場に現れ、トイレに立ったトーマスに近づきます。自分の父親であることを問うアーサーでしたが、トーマスは「自分は父親ではない、お前は母親が昔ウチで働いていた頃にもらわれてきた養子だ。」という衝撃の言葉を聞くことになります。それどころか顔面を殴られる始末です。 自分が養子であるという言葉を忘れられず、アーサーはアーカム州立病院へ行き母ペニーの入院記録を調べると、自分は養子でそもそも母親と血縁関係にないこと、母親は精神疾患を患っていたこと、母の交際相手の男性がアーサーを虐待して脳に損傷を負わせたという事実が、当時の入院記録や新聞記事の切り抜きから判明しました。 アーサーがこれまで信じていた愛や絆はすべて幻想でした。脳卒中で入院している母ペニーを枕で押さえ込んで窒息死させ、どうすることもできなくなったアーサーはソフィーの家へ助けを求めました。しかしそこに現れたソフィーはアーサーの名前をかすかに覚えている程度でした。ソフィーとの関係はすべてアーサーの妄想だったのです。 もはやアーサーには、守るべきものは何一つ残されていませんでした。. See full joker 感想 list on arcadia11. カエル「今作はアメコミ映画としては初のヴェネチア国際映画祭金獅子賞を獲得するなど、賞レースも高い評価を受けている作品となっています。また試写会組も. そんな中、アーサーを不幸が襲います。街の福祉予算の削減で、ソーシャルワーカーのカウンセリングと向精神薬の打ち切りが告げられました。さらには、ピエロ姿で閉店セールの宣伝をする仕事中、ストリートギャングの若者に袋叩きにされてしまいます。預かり物の宣伝看板も破壊されてしまい、会社からは仕事放棄の疑いをかけられ、さらには看板の弁償を求められたのです。落ち込むアーサーを同僚のランドルが慰めました。「これで身を守れ」そう言って差し出したのは紙袋に包まれた拳銃でした。しかしこれが裏目に出ることとなります。 後日、小児病棟でのピエロ姿での仕事中、アーサーは誤って拳銃を床に落としてしまい、ハハプロダクションを即刻解雇されます。ランドルは自分が渡した拳銃であることを否定し、アーサーを裏切ることになります。こうしてアーサーは少しずつ追い詰められていきました。 ピエロ姿で着替える余裕もないままアーサーは地下鉄に乗りました。電車内ではトーマス・ウェインの会社で働く3人のエリート・ビジネスマンが女性に絡んでいました。その女性は視線でアーサーに助けを求めますが、ストレスのせいか発作の笑いが抑えられないアーサーをビジネスマンたちはからかい、さらに袋叩きに遭います。堪えられなくなったアーサーは拳銃を取り出し、彼らを射殺してしまいました。すべては衝動的な行動でした。 そのあとに訪れた意外な高揚感。アーサーの内に秘めた何かがはじけた瞬間でした。.

舞台は、バットマンがその活動を開始する以前のゴッサム・シティ。アーサー・フレックは、街の片隅で大道芸人として生きる冴えない男。そんな彼を支えていたのは、母が幼少期よりアーサーに言い続けた、「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉。母の願いを叶えようと、常にピエロの扮装で笑顔を携え必死に生きてきたアーサー。しかし、そんなアーサーに世界は優しくなかった。アーサーを恫喝しては金を奪い取っていく若者達。それでも必死に前を向いて生きてきたアーサーだったが、とうとうそんなアーサーの心を折る出来事が起こる。こうして、アーサーはその後バットマンの最大の敵となる『ジョーカー』へと変貌していくのだった。 ネタバレ ジョーカー.